腸内環境改善にはコッカス菌

近ではTV番組で取り上げられる
  腸内環境の改善、腸内フローラ

乳酸菌などを摂ることで腸内環境が改善されるとブームになっています。健康維持や病気の改善には【腸内環境】を整えることが当たり前に言われるようになってきました。世の中には乳酸菌商品が並びどれを選んだらいいか分からないお声をよく耳にします。

広告宣伝では、いかに自社商品が良いかを見せていますが…

しかし昔からの神話や大きな誤解が生まれて誤魔化されています。

正しい知識をもとに選択する力を養うことは、今の世の中に不可欠になっています。

 自分に必要な乳酸菌を選ぶこと 

腸内環境を改善するために、ただ闇雲に乳酸菌を摂れば良いということでは無いようです。
乳酸菌には様々な種類があり、その中には摂りすぎると吸収率を高めてしまい太ってしまうものもあります。

代表的なものだけお伝えすると・・・

《ラクトバチラス属の乳酸菌》

古くからヨーグルト・乳酸菌飲料の製造に用いられています。
ラクトバチラス属は、
栄養の吸収をよくしてくれるので太りやすいです。
成長期のお子様には良いです。

《ビフィドバクテリウム属の乳酸菌》

ヨーグルト・乳酸菌飲料・健康食品
ビフィドバクテリウム属(ビフィズス菌)は、
腸のぜん動運動を促進してくれます。

《エンテロコッカス属の乳酸菌》

人の腸に住んでいる菌で、とりすきた栄養を外に出してくれます。
デトックス効果大!!
(※溜めすぎ・溜めすぎの現代人に不可欠な効果です)

エンテロコッカス属は、
数ある腸内細菌の中でも
【最も免疫力を高める働き】のある乳酸菌です。

今の現代において必要な乳酸菌は、排泄の効果が必要です。余分な栄養、余分な油、余分な添加物、余分な有害物質を排泄しなくては健康の土台は出来ません。この菌は一般市場商品では販売されておらず薬として処方されています。(唯一配合されているのがリセットフローラです)

 腸内環境の改善に必要な量の乳酸菌 

ストレスを多く感じてしまう現在は、腸内では菌たちが大忙しです。ストレスを受けると腸内細菌は死んでしまいます。死んだ菌を排泄しようと下痢になったりします。緊張やストレスでお腹を壊すのはこのためです。そして腸内細菌の中でも、悪玉菌は強く善玉菌は弱いのでストレスなどで死んでしまうのは“善玉菌”の割合が多いのです。

そのため乳酸菌などを摂ることで“善玉菌”を増やす事ができるので、推奨されるのです。

しかし実際に効果が期待できるのは、
1度に1兆個の乳酸菌が必要だと言われています。その菌量を摂るのが“善玉菌”を優位にしてくれます。(乳酸菌で効果を実験する場合は最低1兆個は使用しているそうです、でも入っているのは微量の商品も多くあります)

 外部からの乳酸菌は腸内に定着しない⁉︎ 

腸内細菌は5~6歳の時に菌の種類は決定されると言われています。子どもの頃の菌をベースに将来の体質の大枠が決まると言うことです。私たちが乳酸菌を摂ると腸内細菌がそれを食べ、そして様々な酵素をだします。

でも腸内細菌は死んだ菌しか食べません。
なので生きてる菌は、通過菌と言われ、酸を出しながら腸内を通過し排泄されるだけです。

なので死んだ菌を摂り入れて自分の持っている菌種が活性化するのです。

まとめると

◼︎体質改善や腸活は“コッカス菌”が必要
◼︎乳酸菌を摂る量は1兆個が必要
◼︎善玉菌を増やすには良質な死菌が必要

ということになります。

その全てを満たすことができる
オススメの《腸をキレイにするサプリ》は、リセットフローラです。
配合菌種も群を抜いた機能を持っています。

詳しくは《こちら》を参照して下さい。

健康の為に“腸活”を毎日されている方は、1度見直してみて下さい。

腸内環境を整える 腸活サプリ リセットフローラ